アコム むじんくん

「むじんくん」の落とし穴。ネット申込みが必要な理由まとめ

お金を今日中にかりたい!という場合、間違いなく一番早く借りられる方法は、アコムのむじんくんでカードローンのカードを受け取って、コンビニなどからお金を引き出すという方法です。ただし、その場合やみくもにむじんくんの店舗や窓口を検索して出かけてもなかなかうまくいかないことがあるので要注意。

ネット申込みで店舗の待ち時間を節約

ポイントは、事前にしっかりとネット申込みを済ませておくことです。その理由は、審査に落ちるなどで、無駄足になることがないからです。また、パソコンやスマホなどからインターネット経由で申込みを済ませ、審査通過の連絡を受けてから出かけることで、発券機での待ち時間を大幅に節約することができるからです。

無人契約機といっても、ひと目につきやすい場所にあるケースもあり、やはり消費者金融やカードローンでお金を借りようとしている姿はバレたくないもの。できればあまりむじんくんの中で待っている時間はできるだけ短くしたいところ。見られてもあまり気にしないという人でも、やり取りや待ち時間が長いとものすごく暇ですし、正直居心地のよい場所ではありません。

アコムのむじんくん営業時間

アコムのむじんくんの営業時間は店舗と違い8:00〜22:00となっています。この時間内であればいつでも利用できるので、ご自身の都合に合った使い方ができます。今日お金が借りたいとなった場合でもむじんくんなら22時まで借入ができるので利便性が高いです。

数社に同時申込みで確実な借入を!

また、ネット申込みのメリットは、本申込みの前に、3秒程度の仮診断も用意されている点です。この仮診断は、インターネットから希望金額や年収など数項目を入力するだけで、すぐに借入が可能かどうかがわかります。もし、複数社から借入がある、限度額を超えているなどの理由から借入が難しいと判断された場合には、ほかのカードローンやキャッシング会社を試すこともできます。

アコムでダメだった場合でも、同様の即日審査、即日借入が可能な金融会社はいくつかあります。たとえば、SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」や三井住友グループの「モビット」、新生銀行カードローン「レイク」、三菱東京UFJ銀行カードローンなど、さまざまなサービスがありますので、これらの中から3社ほど選び、同時に申込みをして審査に通過した会社のカードを受け取りにいけば無駄足にならず、確実にカードを受け取り、お金を借りることができます。

収入の3分の1以上の資金の借入が可能

ちなみに、消費者金融専業系のカードローンでは、個人向けの融資に関しては年収の3分の1までとする「総量規制」の対象となりますので、年収200万の人が100万円を借りることはできません。しかし、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなど、銀行が発行するカードローンであれば、総量規制の対象外となりますので、3分の1以上の資金を借りることができます。

リフォームやカーローン、結婚資金や学費といった、やや高額・大口のお金を緊急で必要という場合には、やや審査基準は厳しくなりますが、こちらで申込みしてみるとよいでしょう。

また、やや裏技となりますが、消費者金融系キャッシングでも、1日のうちに3社程度に同時申込みをした場合、それぞれの会社では他者の借入金は「その時点」では把握できませんので、たとえば、A社30万、B社30万、C社30万、合計90万などの枠を確保できたという例もあるようです。ローン用のキャッシュカードは年会費や入会金はかからず、実質年率を元にかかってくる金利ぶんだけを支払えば済むことなので、持っているだけで使わなければ金銭的な出費は一切ありませんので、一度に3枚程度申し込んでみるというユーザーも多くいます。

アコム、プロミスなら必要書類だけでスピード審査

特にアコム、プロミスなどの消費者金融系の会社では、パートの主婦やアルバイトの学生、派遣、フリーターなども含めた、収入の低い一般の人への融資実績、ノウハウも豊富なので、年収の制限や企業正社員としての勤続年数、住居の居住年数などもシビアに審査される心配は、銀行のローンなどと比べるとないようです。また、10万円から50万円程度の融資であれば収入証明も不要で、免許書や保険証などの必要書類だけでスピード融資が受けられます。

いずれの場合でも、まずは、ネットの仮診断やネット申込みで審査を試してみることが必須です。

ネット申込みが便利。人気の金融ランキングベスト3

事前にしっかり確認。返済計画と返済シミュレーションを駆使するすればキャッシングは怖くない!

カードローンでの金利は具体的にどれくらい発生するのかは非常に気になるものです。たとえば金利17.8%で10万円を借り入れ、30日で完済したとすれば利息は1,463円発生します。 1,463円と言われると、「何だ大したことないな」と思うかもしれません。

しかしできることなら、その利息は支払いたくないものです。消費者金融には無利息期間というものがあり、その期間は30日間であることが多いですが、たとえば上記の金額をその30日間のうちに返済したとすれば、本来ならば発生する1,463円が0円になります。

そうやって具体的な数字によって無利息期間を見てみると、これはかなり嬉しいサービスなのだなと実感できるはずです。カードローンを利用するなら金利は当然発生するものと思う方も多く、実際無利息期間を過ぎれば通常のように利息は発生します。ですが、30日間のうちに完済し無利息のまま利用を終えるのは案外現実的なことですから、カードローンは金利がネックになると思っている方は、無利息期間を適用させてカードローンを利用してみるといいでしょう。

今回は10万円という借入額を例に挙げて紹介しました。金利は自分で計算すれば算出できるのですが、それも少し面倒です。しかし返済シミュレーションがあれば、自ら計算をせずに返済額や返済回数などの情報を知ることができます。返済額がトータルでどれくらいになるのかももちろん気になりますが、返済回数もかなり気になるポイントになるでしょう。返済回数がわかれば、完済までにかかる期間もだいたい予想することができます。

この返済回数というのは、繰り上げ返済を利用しない場合の返済回数になりますので、繰り上げ返済を利用すればそれよりも少ない回数での完済が可能です。 返済回数は当然月々いくら返済するのかで変動しますので、もし返済回数が多いと感じれば、可能は範囲で月々の返済額を増やしてみるといいのでしょう。

スピード審査ならネット申し込み

とにかく審査を速く終えてキャッシングしたいと考えている場合にはネット申込みがあります。アコムでネット申込みを利用すると回答は最短30分です。プロミスやモビットも同様に審査の時間を短縮できます。

申込む前の事前確認で手間が省けます!

ネット申込をする前に郵便番号をチェックしておきましょう。入力に必要なのは自宅の郵便番号と勤め先の郵便番号です。特に勤め先の郵便番号は普段使うケースが少ないので覚えていないことが多いです。申し込む前にに調べておけば手間が省けて、めんどうなことにもなりません。

オススメカードローン

各消費者金融について

当サイト人気No1

↑ PAGE TOP